BOOKS+COFFEE+GALLERY

éntrance
Mami Anai + Ayako Takamatsu
2022年1月6日(木)〜1月25日(火)
最終日18時まで

ガラス作家のあないまみとグラフィックデザイナー・写真家の高松彩子による
アーティストブック『éntrance』の発売を記念し、ガラス作品と写真の展覧会を開催いたします。

あないのガラス作品は、透過・反射・屈折を経て変換された異世界への“入口=éntrance”。
その向こう側に現れる、不思議でグラフィカルな一瞬を高松の写真が切り取ります。
本展示では『éntrance』で繰り広げられるガラス越しの世界を追体験し、楽しんでいただけたらと思います。


書籍

éntrance
ガラス作家のあないまみとグラフィックデザイナー・写真家の高松彩子の2人によるアーティストブック。あないのガラスオブジェ越しに現れるグラフィカルで不思議な光景をまとめた一冊。

サイズ:A5変形(W153mm × 210mm)頁数:200頁
製本:コデックス装
発行:2021年2月(初版限定150部)
印刷:藤原印刷
製本:望月製本所

これまでの作品

プロフィール

あないまみ(Anai Mami)ガラス作家
1991年東京都生まれ。多摩美術大学工芸学科ガラス専攻卒業。同大学院修了。現在、ガラス作家として活動中。鏡と板ガラスを主な素材として使用し、接着研磨の技法を用いて制作している。鏡やガラス同士を接着し、表面に歪みを彫り研磨していくことで、作品へ映る周りの風景を変えていく。いつもの風景を作品によって異なった表情へ変化させることで、当たり前だと考えていることを覆すことに挑戦している。
Web:mamimamiglass.jimdofree.com
Instagram:[art]@anaimami5[accessory]@anaimami1225

高松彩子(Takamatsu Ayako)
グラフィックデザイナー・写真家
1987年福岡県生まれ。福岡スクールオブミュージック専門学校作曲編曲コース中退。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。広告制作会社を経て、2017年独立。グラフィックデザインを基軸に、タイポグラフィ・写真・イラストレーションを中心に活動するほか、展覧会やワークショップ等を通して、フォトグラムによるビジュアル表現を探求するプロジェクトを展開する。最近のプロジェクトには、ガラス作家の作品を用いてフォトグラムを制作するインタビューサイト〈VISIBLEーlight to you.ー〉など。
Web:ayakotakamatsu.com
Instagram:[design]@ayakotakamatsu_1[photography]@ayakotakamatsu_photography

 


自分の見ている世界が自分のものでしかないのと等しく、その見ている世界が全てだとは限りません。
いつも持っている視点を揺るがしてくれるような本、他の誰かから見た世界を体験させてくれるような本、そういった物語(もしくはエッセイ、等)は知らない世界を体験すると同時に、自分の見ている世界は揺らぎのあるものなのだと教えてくれます。
ゆらゆらと水面のように揺れるガラスを通して見る彼女たちの作品は、そんな揺らぎのはざまに立たせてくれるようです。ぜひ、体験してみてください。

2021.12.8 / 開催中の展示 ギャラリー|ondo kagurazaka / éntrance Mami Anai + Ayako Takamatsu