BOOKS+COFFEE+GALLERY

過去の展示

ttkEX01

鶴と亀EXHIBITION「東京襲撃!From奥信濃」
1月27日(火)~2月1日(日)まで開催

雪、雪、雪、なのである。
大人の身長を持ってしても見上げるほどの雪の壁。
その壁に覆われた真っ白い道を、腰の曲がったばあちゃんが
スキーのストックを杖代わりにゆっくり歩いて行く。
今年ほど雪が多い年はねえんだということと、
昔はよく赤いイタチが化けて悪さしたこと。
野沢菜と沢庵が載った炬燵の上で、さっき教えてくれた。
それが、最初に得たご当地情報だった。

長野県飯山市。
日本随一の豪雪地帯に数えられる、人口21000人強の街。
類を見ないような強烈な個性を持つ観光資源は見当たらなそうな
この街で、フリーペーパー「鶴と亀」は作られていた。

“ 地方にいるイケてるじいちゃん、イケてるばあちゃんを
スタイリッシュに発信。
ここ地方でしか出来ないものを、ここ地方から発信。
地方はおもしろくない。もう、そんな時代じゃない。
発信源は奥信濃 ”

そんな前口上とともに、「鶴と亀」がかもめブックスに
届けられたのが2ヶ月前のこと。
端的に言えば、地方に住む若者が、地元の老人たちの表情に
刻まれた厳しさと優しさを写真で捉えた本である。
ただ紙面からは、類を見ないような強烈な個性と、尊敬と
羨望が混じった揺るぎない愛情が立ち上っていた。
それが、圧倒的におもしろかった。

ttk-gapon-01.indd

「鶴と亀 第弐号」より

おもしろさの発信源を探りに訪れた飯山市は、じいちゃん
ばあちゃんと囲む炬燵の上に全ての贅沢があった。
すべてがシャッターチャンスではないかと思えるほど、
ささやかな営みは時間の流れの中で揺るぎない熱を発していた。
その熱を、神楽坂に持って行きます。


鶴と亀 featuring かもめブックス
in ondo kagurazaka

「鶴と亀 EXHIBITION」では、フリーペーパー「鶴と亀」のために
撮り下ろされた写真をご覧いただくとともに、「鶴と亀」の世界観を
構築するキーアイテムという名のじいちゃんばあちゃんの謎深まる所持品、
飯山を彩るモノたちを神楽坂に運び込みます。
本当は炬燵ごとじいちゃんばあちゃんを連れて来たかったのだが、
福の神が家から居なくなってしまっては、飯山の皆さんが困って
しまうだろうから断念した)

全国のじいちゃん子、ばあちゃん子は頭髪を正してぜひ
集まって頂きたい。

かもめブックス

——————————

降り積もった雪の壁をひたすら掘り崩し、2015年の幕が開けた。
雪掘りしすぎてハイになったのか、掘り崩したその先に見えたのは東京。
このまま東京まで行っちまおう。

奥信濃の鶴と亀と共に、最高の手土産をもって向かうは神楽坂。
かもめブックスで落ち合おう。

鶴と亀編集部
——————————

■フリーペーパー「鶴と亀」
飯山市を中心とした奥信濃に住まうじいちゃん、ばあちゃんを独自の視点で
被写体として切り出し紹介するフリーペーパー。
鶴と亀編集部発行。
2013年8月 第壱号発行。
2014年3月 第弐号発行。
2014年11月 第参号発行。

1から3

■鶴と亀編集部
長野県飯山市在住の小林徹也(兄)・直博(弟)兄弟のふたりによって運営される。
2人ともばあちゃん子。
<公式サイト>http://www.fp-tsurutokame.com/

■刊行案内
「鶴と亀 EXHIBITION」開催中、合本「鶴と亀特別号」を
限定販売致します。
既に配布が終了している第壱号、第弐号と最新の第参号をまとめたものに
未公開写真を加え、配布時のB6からB5版へと版型を大きくしました。
数量限定販売となりますので、お早めにお買い求めください。

「鶴と亀 特別号」
フルカラー96ページ B5版
価格:2300円(税別)

ttk-gapon-01-hyousi.indd

■トークイベント開催
トークイベント「鶴と亀と鴎の遭遇」
1月30日(金)20時より開催

「鶴と亀 EXHIBITION」開催中の1月30日(金)20時より、
ギャラリースペースにて「鶴と亀」を発行する鶴と亀編集部の
小林直博さんを迎えてのトークイベントを開催致します。
「鶴と亀」の制作秘話やじいちゃんばあちゃんの裏話などを
かもめブックス店主・柳下が小林さんにお伺いします。
ワンドリンクオーダーでどなた様もご参加頂けますので
お気軽に起こしください。

小林君

2015.1.21 / ギャラリー|ondo kagurazaka 過去の展示 / 鶴と亀EXHIBITION 東京襲撃!From奥信濃