BOOKS+COFFEE+GALLERY

過去の展示

ondo_365_banner

カレンダーを体験するための365の方法展デザインソングブックス
2017年2月21日(火)~ 2017年3月5日(日)
※最終日18:00まで

1週間が7日であったり、1年が365日である事の理由は何でしょう?
そもそも誰が決めたのでしょう?
人類共通のこのルールでちょっと遊んでみませんか?
楽しい方法をご提案します。一切れのパンが、破いて捨てた紙切れが、
あなたの暦になるかもしれません。
〈カレンダーを体験するための365の提案〉は
カレンダーに頼らずに、自分の暦のつくりかたを考える本です。

ondo_365_1
方法020:
食パンを1斤買ってきたら、
7等分にスライスします。
毎朝1枚、バターを塗って食べてください。
最後の1枚には、いちごジャムを塗ること。

ondo_365_2
方法208:
葉っぱを1 枚手に入れてください。
ノートにきれいに綴じておいてください。
色や形の変化など、なにか気づいたことはありますか?

ondo_365_3
方法101:
バウムクーヘンを12等分、さらに30等分して
毎日一切れ食べてみましょう。

ふと朝の自分を思い返してみると、何時に起きて、それから30分でご飯を食べて、
朝風呂には15分まで、着替えに10分、メイクに15分…なんて
知らず知らずのうちに自分でルーティンを作っていることに気付きます。
時計なんかみなくても、だいたい何時頃かななんて分かるのも、
無意識に身体が時間を刻んでいるからかもしれません。
そんな無意識の領域に踏み込んでみたのが、彼らからの提案です。
それもちょっと可笑しな方法で。
今回の展示では、彼らの提案を1冊にした本と、それを今日からやってみるためのキット、
そして実際にやってみた彼らの記録を展示、販売いたします。
遊べる大人たちへ向けた彼らの挑戦を受け取ってみてください。

ondo_365_book
カレンダーを体験するための365の提案
発行 デザインソングブックス
¥2,000+tax

〈プロフィール〉
デザインソングブックス (Design song books)
「デザインソングブックス」は
デザイナー大原大次郎が講師を務める
美学校の講座から生まれたブックレーベルです。
online shop … ssongbooks.theshop.jp
instagram … @song_books
twitter … @song_books

メンバー(Member)
岡野乃里子
浦川彰太
岡修平
よこごしえみ

2017.2.10 / ギャラリー|ondo kagurazaka 過去の展示 / カレンダーを体験するための365の方法展