BOOKS+COFFEE+GALLERY

過去の展示

ondo_monogatarinotuzuki_banner
物語の続き浜口麻里奈 個展4月3日(火)〜15日(日)
※最終日18:00まで

たゆたう舟、器、窓、山、花瓶。
そして長いドレスを纏った顔の無い人々。
普遍的で象徴的なモチーフが描かれた絵と陶が、
忘れていた遠い昔の物語を紡ぎます。

今回は、陶でひとつひとつ作られた小さなレリーフやオブジェ、
古典技法であるテンペラ画で描かれた絵画を展示します。
中世ヨーロッパの教会壁画を彷彿とさせるような、
神聖でどこか不思議な世界観をお楽しみください。

会いたい人に会えるよ
会いたい人に会えるよ/2018/テンペラ・油彩

カタリベのゴブレット
カタリベのゴブレット/2017/テンペラ・油彩

カタリベ
カタリベ/2017/テンペラ・油彩

礼拝堂
礼拝堂/2017/陶

浜口さんが描く情景は、ガンジス川のほとりに見えたり、ヨーロッパの小さな教会にもなれば、頭の中に浮かぶ幻想の風景にも思えます。
観る者によって様々に変化する作品たちは、誰にでも既視感を感じさせながら、また、誰も近づけない場所で行われる儀式を覗いているような、微妙な距離感を感じさせます。
その既視感と距離が心地好く、つかずはなれず、曖昧な境界線をたもったままジワッと自分に溶け込んでくる、そんな魅力を持っています。
きっと、背景には作品たちにしか分からない物語があるのでしょう。そんな作品たちを通して、揺り起こされた貴方自身の遠い昔の物語が、再び紡ぎはじめるかもしれません。

プロフィール
浜口 麻里奈 (Marina Hamaguchi)
1988年生まれ。2011年、多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業後、
ドイツへ渡る。ドレスデン芸術大学にて学び、2015年帰国。
帰国後、FACE展2017損保ジャパン日本興亜美術賞にて審査員特別賞を受賞。
(2016年度は同公募で入選)
その他、トーキョーワンダーウォール2016入選、トーキョーワンダーシード2017入選など。
展覧会開催などの活動の他、CDジャケットや、商品パッケージなどのアートワークや、自身の絵画によるオリジナルテキスタイルブランド”kin.iro.hitode”を展開するなど、多岐にわたり活動している。

2018.3.11 / ギャラリー|ondo kagurazaka 過去の展示 / 物語の続き – 浜口麻里奈 個展