BOOKS+COFFEE+GALLERY

次回の展示

ondo_kiokuniressuru_banner
記憶に列する。清水あすか個展10月3日(火)〜10月15日(日)
※最終日18:00まで

【列する】 列を作る、連なる、並べる、仲間の一人になる

作品の材料はひとつひとつが、使われたり働いたりといった記憶を持っています。
そこに描かれた列する人たち。彼らはどこかへ向かって歩いている最中で、彼らの列も、材料や私たちと同じく、経緯や歴史といった時間を持っています。
彼らは作品の材料が目的のために機能していた時にも、ただの物になってからも歩いていました。
そして、展示されている今でも。みなさんが作品を見て歩く、そのそばでも。
記憶と時間を持つ、材料、彼ら、みなさん、それぞれが今、同時に、記憶に列します。

ondo_kiokuniressuru_1

絵の具のチューブ、誰かからの手紙、ミシン糸の芯。
清水さんの作品は、ひとつひとつの素材と軽やかに、素直に向き合い、そこに留められた記憶と時間を描き取る、そんな作業をしているように見えました。
時間をかけて出会ってきた素材たち、そこに見いだしたあやふやなものを目に見える形に留める行為は、素材がまとう記憶の時間に自らのそれを絡めて標本にしているような感覚なのかもしれません。
今回の展示「記憶に列する。」は、作品と空間と、閲覧者がいて初めて完成します。
清水さんが「彼ら」と呼ぶ、素材に描かれた列をなす人達の中に入ったり、遠くから眺めたり、いろいろな見方で楽しんでみてください。

プロフィール
清水あすか(Asuka Shimizu)
1981年八丈島生まれ/詩人・画家

’07年第一詩集「頭を残して放られる。」
’09年第二詩集「毎日夜を産む。」
’12年第三詩集「二本足捧げる。」(第三回荻原朔太郎記念とをるもう賞受賞)
’16年第四詩集「腕を前に輪にして中を見てごらん。」(第47回高見順賞最終候補)

’12年絵画個展「まみれる。」CLEAR EDITION&GALLERY
’14年絵画個展「雨を標本する。」BOOKS&GALLERY POPOTAME

2010年より年3回絵と詩による個人ペーパー「空の広場(カラノヒロバ)」発行中
(HP)http://shimizuasuka.web.fc2.com/i/top.html

2017.9.16 / ギャラリー|ondo kagurazaka 次回の展示 / 記憶に列する。- 清水あすか個展