BOOKS+COFFEE+GALLERY

過去の展示

ondo_karube_banner

軽部武宏「ながぐつボッチャーン原画展+小品展」2016年3月23日(水)~ 2016年4月3日(日)
※最終日18:00まで


幼少の頃より始まった水辺の生き物との戯れや
現在ライフワークのひとつとなっている湿地河川探訪の記録。
ずっと昔から殆ど変わる事無くそこに在る谷津の里の音や匂い、
そして確かに感じる水辺の精霊の気配。
それらが混ぜ合わさって心の奥底に沈澱している。

今回の展示では絵本原画と共にこの世界観を一冊にまとめるにあたって
描きためていたドローイングやペインティングも展示販売される。

ondo_karube01

ondo_karube02

大胆な構図の中に散りばめられた細かい線や点、何層にも重ねられた色彩。
それぞれを分解すれば、線は線、面は面に各々の表情があり、物語があるように思います。
それらが重なり、ひしめき合い構成された作品は、たった1枚から圧倒的なエネルギーの質量を感じることができるでしょう。
そんな作品が何ページにも渡って描かれた1冊の絵本は、ページをめくる手がとても重く感じる程です。
何故か作品が生きていて、今にもうごめき出しそうな、そんな心地を味わってみてください。

〈プロフィール〉軽部武宏(takehiro karube)
1969年、東京都に生まれる。画家、絵本作家。第2回岡本太郎記念現代芸術大賞展出品。個展、グループ展にて作品を発表している。主な絵本作品に『大接近!妖怪図鑑』『大出現!精霊図鑑』(あかね書房)、『こっそりどこかに』(長崎出版)、『ちょうつがいきいきい』(加門七海・作 東雅夫・編 岩崎書店)、『まんげつのこどもたち』(イースト・プレス)などがある。『のっぺらぼう』(杉山亮・作 ポプラ社)で第16回日本絵本賞及び読者賞を受賞。

ondo_karube_hon
『ながぐつボッチャーン』
軽部武宏 作・絵
本体価格1500円(税別)
WAVE出版 刊

〈『こっそり どこかに』木版画付き 3,500円(税別)〉
ondo_karube_kossori
軽部武宏の初期作品である『こっそりどこかに』。
すでに絶版となった本作を新品で特別にご用意いただきました。
1枚1枚手刷りした木版画作品(制作:2000年)と合わせて販売いたします。

2016.3.12 / ギャラリー|ondo kagurazaka 過去の展示 / 軽部武宏「ながぐつボッチャーン原画展+小品展」