BOOKS+COFFEE+GALLERY

特集棚<スペシャル>

かもめブックスの課題図書

<INTRODUCTION>
雑誌に“巻頭特集”があるように、本屋にも“店頭特集”を作りました。
かもめブックス編集会議によって選ばれた特集テーマに基づいて、
「私たちがお薦めしたい本」を店頭の大きな棚に並べています。
この特集をきっかけに、新しい本や世界と出会ってください。
——  —–  —–  —–  —–  —–  —–  —–
pop

「課題図書」、好きだった方、最後まで後回しにしていた方、
きっといろいろでしょう。

昔読んだタイトルもよくわからない本のことを思い出すことがあります。
一度だけすれ違ったことのある人のことを、何故かふと思い出して不思議な
気持ちになるのと似ています。

この夏の1冊を選び、読み、そして何か感じる。
そのときのあなたの言葉や考えたことは宝物です。

本というタイムカプセルにそんな時間を埋めていこう。

kadai4
はじめて物語の世界に没頭した日の事を覚えていますか?
子供の頃のあなたが何度も読み返した1冊を、いま再び。

kadai3
青年期とよばれる、青々として艶やかな葉を感じる風のような時代に
出会ったかけがえのない1冊を再び心に灯そう。

kadai1
大人になったら100万冊の本の意味が理解できるようになるのかと思ったら、
そんなことはなく。
読んでも読んでも分からないことばかり。
けれど本を読んで知ること、考えることは確実に私たちの明日を豊かにするのです。

ああ、これも読みたい。あれも読みたい。
自分にとっての課題図書は尽きませんね。

<課題図書はこの帯が目印です>
kadai2



この夏、かもめブックスではみなさんからの
読書感想文をお待ちしております。

毎日ぼくたちは、たくさんのお客様が嬉しそうに本を小脇に抱えて帰って行く姿を見ています。
その嬉しそうな瞬間のために本を選び、棚に差す、それがぼくたちの仕事です。
だけどふと、そうして抱えられた本はみなさんにどう伝わっているんだろう、と知りたくなっ
てしまいました。
学生時代を思い起こせば、今は夏休みまっただ中。虫を追いかけ、日差しと遊びながら、
えいやっと捻りだした読書感想文。そんな時を思い出しながら、かもめブックスのわがままに
少々お付き合いいただけませんでしょうか。

店頭特集『かもめブックスの課題図書』売場にて販売されている書籍をお読みいただいた
感想文を募集いたします。
対象書籍お買い上げ1冊につき1枚お渡しするポストカードに必要項目を記載の上、
店内の専用ポストに投函してください。
詳しくは、対象書籍ご購入時にレジにて募集概要をお渡しいたします。
たくさんのご参加をお待ちしております!

post

2015.7.21 / 特集棚 / かもめブックスの課題図書